シェイク・ザイード道路 (Shaik Zayed Road)

ドバイ市内を東西に縦断する幹線道路。東端はSharjah、西端はアブダビへ続く。ドバイ建国の父、シェイク ザイードの名前を取っている。ドバイ道路運輸局(RTA)が管轄。

<立体交差化工事>
ドバイ道路運輸局(RTA)が$12 bilを掛けて、交通網整備中でこの一環。総延長500km、9本の環状道路の建設を含む。2015年迄に推進中。 加えてDubai Creek 上に掛かる道路を、2008年中に現在の19車線から47に増加、2020年迄には100車線に迄増加させる予定。

<No5.5立体交差>
Dutco Balfour Beatty社が建設中

<Defence環状交差点完全立体化>
イタリアSalini社受注。

<No8立体交差工事>
2007年09月に清水建設が、US $175 mil(AED645 mil)で受注。契約期間は2年。工事範囲はThe Gardens交差点から、Jebel Ali Free Zone No9 立体交差区間を4車線から6車線への拡幅、10つの陸橋建設、道路、潅漑、下水、照明、および方向指示板を含む。完成後はJebel Ali 自由貿易区、Jebel Ali 新空港、Jebel Ali 工業地帯、およびJebelAli地区一帯の交通渋滞軽減が期待される。



 
Template Design: © 2007 Envy Inc.