Bur Dubai -Deira 第六橋(2012年完成)

ドバイ道路局(Roads and Transport Authority ・ RTA)が建設を発表したこの橋梁は1.6km長、アーチの高さは204m世界最高アーチ橋。着工は来月からで2012年に完成予定。

総工費は約8億1690万ドルを予定。建設期間は4年。
At 64 metres wide, the bridge will accommodate 12 lanes of traffic and a metro line running down its centre. The bridge will also include a metro station, an abra station and the manmade island on which an Opera theatre will be constructed.

デザインはニューヨークの建築家集団Fxfowle。




現在の最長橋は上海のLupu橋で全長3.9Km、アーチ550m。


The bridge connects the Bur Dubai and Deira areas of the city and will be the sixth creek crossing. Currently the five Dubai Creek crossings are Al Shindagha Tunnel, Al Maktoum Bridge, the Floating Bridge, Al Garhoud Bridge and Business Bay Crossing.


Dh3b arch-bridge will be sixth Dubai Creek crossing

By Ashfaq Ahmed, Staff Reporter
Published: January 29, 2008, 11:32

Dubai Dubai will have a landmark bridge over the creek linking new residential and commercial development projects in the city.

Construction on a new bridge called the Sixth Crossing will start in March this year and is expected to be complete in 2012.

"The project, the biggest ever single road project launched by the Dubai Roads and Transport Authority (RTA), also include new road developments with 12km new roads and 22 intersections in the surrounding areas," said Mattar Al Tayer, Chairman of the Board and Executive Director of the RTA.

The total cost of the project is around Dh3 billion, including Dh2.5 billion for the new bridge.

"It will be a new landmark in Dubai," Al Tayer told a press conference yesterday. The bridge is 1.6-km long, 64 metres wide and 15 metres above the water level. It will have 12 lanes and track for the Green Line of Dubai Metro. It will have a capacity of around 20,000 vehicles per hour.

His Highness Shaikh Mohammad Bin Rashid Al Maktoum, Vice-President and Prime Minister of the UAE and Ruler of Dubai, has already approved the design of the Sixth Crossing.

The crossing links Al Jaddaf and Business Bay at Bur Dubai with the road separating The Lagoons and Dubai Festival City. It will also provide entry and exit points for the Creek Island; on which Opera building will be constructed by Sama Dubai.

Trend reversed

"Earlier, we used to prepare infrastructure after the development projects are complete but the RTA has reversed this trend by building infrastructure before the development projects are built," said Al Tayer.

He reiterated that there would be no traffic congestion in Dubai within the next two to three years. "The aim of the new project is to ease traffic flow between the two sides the Dubai Creek and serving the new property developments such as Dubai Healthcare City, Sama Al-Jaddaf, and Culture Village on Bur Dubai side and the Dubai Festival City, The Lagoons, International City, and Dubai Design Centre on Deira side," said Maitha Obaid Bin Udai, Chief Executive Officer of the Traffic and Roads Agency at the RTA.

Features

She said the new road network in the areas will interlink Shaikh Rashid Road, Oud Maitha Road, Ras Al Khor Road and the Sixth Crossing.

The bridge is modelled in the shape of an arch. It could be viewed like an acoustic wave forming a tone compatible with an opera. It could also be viewed like a dune or a new moon in Dubai night.

The bridge will have a metro station, abra station, and a new island that will be built on the Creek, with a theatre for staging various events. The giant arch at the bridge will be 205 metres high and 667 metres long becoming the longest arch-bridge ever built in the world.

Maitha said the project will be divided into six phases to expedite the construction work. The first stage includes construction works of the Sixth Crossing at Dubai Creek. The second phase includes construction of intersections at Deira side to serve The Lagoon and Dubai Festival City.

The Third Phase includes implementation of intersections at Deira side extending from Nad Al Hamar up to Al Aweer Road.

Phase Four includes building of intersections in Bur Dubai linking the Sixth Crossing with Ras Al Khor (Business Bay Crossing).

Phase Five includes construction of intersections in Bur Dubai linking the Sixth Crossing with Shaikh Rashid Road and the Al Garhoud Bridge.

The Sixth Phase includes construction of intersections in Bur Dubai linking Ras Al Khor with Oud Metha Road and the Parallel Roads.

Infrastructure: Across the water

* New Al Garhoud Bridge - 13 lanes
* Al Maktoum Bridge - 9 lanes
* Al Shindagha Tunnel - 4 lanes
* Business Bay Crossing - 13 lanes
* Floating Bridge - 6 lanes

What next

* The Sixth Bridge - 12 lanes
* Al Shindagha Bridge - 12 lanes
* The Fifth Bridge - 12 lanes

ウォータフロント地区 (Waterfront)

Palm Canal Towers plan for Waterfront

08 March 2008 zoomDEVELOPING NICELY:

Madinat Al Arab is just one component of the Dubai Waterfront project.Nasa Multiplex has won a contract from Nakheel to build a six-tower project at Dubai Waterfront.
The project, called the Palm Canal Towers, will be spread over 600,000m2.
Although construction began last week, the project will not be officially launched for sale until June. The move is part of Nakheel's strategy to avoid ‘off-plan' sales.


The contract is one of several recently awarded at Dubai Waterfront. Wade Adams won a civil works contract for both the Veneto and Badrah components of the project, while Mammut Group is building 1,042 apartments and 146 townhouses at Badrah.
Matt Joyce, managing director, Dubai Waterfront, declined to give individual contract values but the work is part of an estimated US $3.2 billion (AED12 billion) package of contracts to be awarded in the first half of this year.
Further contracts will be issued for infrastructure and utilities work and the construction of four intersections. Joyce added that designs are also being drawn up for Badrah Gate Commercial Towers.
Dubai Waterfront will be made up of an inland component and six reclaimed islands.
"We're currently reclaiming land at a rate fast enough to fill London's Wembley Stadium each month," said Joyce.
Other components of the project include Madinat Al Arab, Canal District and Waterfront City.
Construction is underway in districts B and C of Madinat Al Arab, including Omran, an accommodation complex that will eventually house 60,000 labourers.
The Palm Cove Canal and three 160m canal bridges are also under construction.
Samsung, Dutco Balfour Beatty and Emirates Road Contracting are among the other contractors involved in the project.
Most of the project will be in the hands of third-party developers, while Nakheel will develop the rest.
"Any developer who buys a plot of land will have to abide by the Design Control Regulations (DCRs) set by Nakheel," said Joyce. "So we're acting as a regulator as well as a masterdeveloper.
The development plans to accommodate a population of 1.5 million when complete.
Joyce expects 60% of this population to come from growth-drivers within Dubai Waterfront - which will be twice the size of Hong Kong Island - and 40% from Dubai itself.
"The government here has capital to invest in infrastructure, and as long as this continues then the population will grow and job opportunities will be created. People want to live where they have opportunities and lifestyle and this is what Dubai is creating," said Joyce.
And there's no reason why Dubai and Dubai Waterfront can't achieve this; as the government has the capacity to invest in infrastructure.

Sorouh (不動産開発会社)

不動産開発会社Sorouh

2008年3月、米MGMと事業提携の契約を締結。

約1000億円を投じてレジャー施設や小売店、エンタテインメント施設などを開発。

MGMは、2007年6月、ヨルダンのアニメーション会社ルビコンとも戦略パートナーシップ契約を結んでおり、“Pink Panther & Pals”のアニメ26話を共同出資、共同制作する 。

今回のSorouhとの契約にはルビコンも関わり、3社が共同でコンテンツの開発や、既存の人気シリーズやキャラクターなどを利用したエンタテインメント基盤を作っていくことになる。今後3年から5年に亙ってプロジェクトが実行されていくが、CG作品のコンセプトは、年内いっぱいじっくり練りこまれる。

ルビコンは中東社会や伝統文化を描いたアニメーション作品を製作してきたことで定評があり、アメリカの少年とアラブの少年が古代の世界へ一緒に旅をするというストーリーの3-D作品 “Ben & Izzy”などを製作している実績がある。映画とテレビの製作へのファンドやアニメーション・スタジオをアブダビに設立する可能性も模索しているという。

MGMの中東進出計画は、2007年秋から進展中。

IPIC アブダビ国際石油投資会社 (International Petroleum Investment Co.)

アブダビ国際石油投資会社 (International Petroleum Investment Co.)は2008年03月、カタール投資庁(QIA)と合弁で20億ドル(約2000億円)規模の投資ファンドを設立を表明。

カタール側の声明や一部報道によると、当面はQIA、IPIC双方が各 10億ドルを出資して新ファンドを設ける。9月をめどに稼働する。石油関係以外の産業も投資対象にすることで、これまでエネルギー関連投資を専門にしてき たIPICが政府系ファンドとして活動を本格化させる。


コスモ石油、韓国石油大手と連携・ガソリンなど相互に融通
コスモ石油は08/04/1616日、韓国石油大手のヒュンダイオイルバンクと 包括的な協力を進めることで合意したと発表した。今後、ガソリンなど石油製品の相互融通など具体的な内容を詰める。ヒュンダイオイルの筆頭株主はアラブ首 長国連邦(UAE)・アブダビ首長国の政府系投資会社IPIC。コスモは昨年秋にIPICと資本・業務提携しており、産油国との提携を生かした新たな事業 展開を急ぐ。

 ヒュンダイオイルは韓国で処理能力が日量39万バレルの大型製油所を操業。韓国のガソリンなどの燃料油販売で約19%のシェアを持ち、中国に重油などを輸出している。2006年12月期の売上高は約9000億円。

  コスモはヒュンダイオイルの製油所や輸出力などを生かした連携事業を探る。具体的にはガソリンや重油など石油製品を相互に融通することで、それぞれの製油 所の生産効率を高めることを検討。製油所の処理設備を高度化するための技術協力や、新興国の市場調査の共同実施も検討する。





08/03/26 現代重、現代オイルバンク買収に向け法的措置
現代重工業が、アラブ系の投資会社が株式売却を進めている現代オイルバンクの買収に向け、法的手続きを踏んでいる。これにより、IPICの株式売却作業は長期化するものとみられる。
 現代重工業は25日、取締役会を開き、現代オイルバンクの筆頭株主であるアラブ首長国連邦(UAE)の投資会社IPICが保有している現代オイルバンクの全株式に対し、株式購入のための権利を行使することにし、これをIPIC側に伝えたと明らかにした。また、IPICがこれを不服とする場合に備え、シンガポールの国際仲裁センターに法的紛争の仲裁も要請した。IPICは現代オイルバンクの株式70.00%(1億7155万7695株)を、現代重工業は19.87%をそれぞれ保有している。
 これまでIPICは、GSカルテックスなど現代オイルバンクの買収に関心を示している企業と株式売却交渉を進めてきた。しかし、これに反発した現代重工業は21日、現代オイルバンクを買収する意向を示しているGSカルテックスなどGSグループの3社を相手取って株式買収禁止仮処分を法廷に申請するなど、株式売却作業を防ぐための法的手続きに乗り出した。
 現代重工業の関係者は、「IPICは現代重工業など以前の現代系列の株主と2003年に結んだ株主間契約を違反した。契約内容に背いた場合、相手の持っている株式をすべて買収できるように定められている」と主張している。同関係者は「シンガポールの国際仲裁センターが仲裁に入れば、勝算は十分にある。その際の株式買収価格は決まっていない」と話している。
 1999年にIPICが現代オイルバンクの株式を購入し、現代グループとIPICの株式保有率が50対50になるまでは、現代オイルバンクは100%現代グループの所有企業で、現代グループの系列会社のうち現代重工業が最も多くの株式を保有していた。

ドバイ、2007年の日本人訪問者数は20.2%増の9万7740人

ドバイ政府観光商務局によると、2007年のドバイへの日本人訪問者数は前年比20.2%増の9万7740人であった。年間を通じ、単月で7000から9000人台を推移、8月は単月で史上初めて1万人を記録し、好調に推移した。2007年はドバイで新たに開業したホテル、アパートメントは27軒で、2004年から2006年と比べ新規開業は減少した。毎年30%増を上回る成長率で推移していた過去3年間の日本人訪問者数は、2006年から2007年にかけて、人数は増しているものの、成長率が鈍化したとの見方もあるが、客室供給量の増加とも連動しているようだ。 なお、2008年は年末までに人工埋立地パーム・ジュメイラ先端に建つ客室数1539室のアトランティス・ザ・パームをはじめ、18軒のホテルとホテルアパートメントが開業する予定で、総客室数は2万2000室が増加する予定だ。また、訪問者数の増加にともない、交通機関の改善が進んでおり、今月はじめに市内を流れる川ドバイ・クリークに5つ目の橋が開通、2009年中にはドバイメトロの完成、など着々と整備が進んでいる。同観光商務局は、2008年に日本人訪問者数は10万人超を見込んでおり、前年比20%以上の成長率を達成したいという。

パーム・モノレール (Palm Monorail)

本土Gateway駅と人工島パーム・ジュメイラ(Palm Jumeirah)先端の海洋テーマパーク アトランティス(Atlantis) Aquaventure駅迄を繋ぐ都市交通システムで、中東初のモノレール。











        ↑ 完成予想図                  ↑実際の納入車両

当初は海洋テーマパーク アトランティス(Atlantis)の営業開始に合わせて2008年11月に開業予定で有ったが遅れて居り、2009年4月30日に開通。 将来的には2kmほど延長し、ドバイ・メトロ Red Lineやドバイ・トラム(Al Sufouh線) に接続される。

<概要>
モノレール 総工費Dh 1.4 billion
建設期間 March 2006- November 2008
輸送能力 毎時2,400人(初期 : 3車輛 × 4台)~6,000人(最終:3車輛 × 9台)
停車駅 : Gateway Station ‐Palm Mall Station - Trump Tower Station - Aquaventure Station(4駅)

<設備>
計画管理              ‐ Mott MacDonald(UK)
運営                  - SMRT Corporation Ltd (Singapore)
車両                  - 丸紅+日立製作所 (全長5.45km, 4駅, 複線)
土木軌道              - 丸紅+大林建設+Oriental Construction JV
信号system            - 日本信号料金システム (smart cards)   - OMRON
技術支援                ‐ 大阪モノレール
駅舎内108-inch液晶表示    ‐ シャープ(Adventure Digital LLC)

<沿革>
2005年12月 : 丸紅、大林、日立コンソーシアム US $390 million (AED1.4 billion) で受注
2006年3月 : 着工
2007年1月 : 大阪モノレールと運航技術支援契約を締結
2007年7月 : 2km延長 $190 million (AED700 million)
2007年9月 : SMRT Corporation Ltd (Singapore)と6年間の運転保守を内定。
            (2009年2月契約 AED 300m (US$81.7m) )
2008年8月 : 日立製作所 徳山市Kasado Worksにて車両引渡式
2008年10月 : 車両納入
2008年10月 :丸紅がAdventure Digital LLC社にシャープ製 駅舎内108-inch液晶表示 設備発注

シェイク・ザイド・モスク (Sheikh Zayed Grand Mosque)

UAE首都 アブダビ(Abu Dhabi)のシェイク・ザイド・モスク(Sheikh Zayed Mosque)は、世界第3位の大きさを誇るイスラム建築の傑作で、世界最大のペルシャ絨毯が置かれている。

2007年12月のイスラムの犠牲祭「イード・アル・アドハ(Eid al-Adha)」の初日に未完成ながらソフト・オープンした。今後、柵や庭、駐車場を整備され、最終的な完成は2009年11月予定。

建築プロジェクトを1998年に立ち上げたのは、アラブ首長国連邦(UAE)の建国の祖で初代大統領の故ザイド・ビン・スルタン・ナハヤン(Zayed bin Sultan al-Nahayan)アブダビ首長。 同首長は2004年11月に死去し、二代目大統領と成ったに子息により、モスクに隣接する中庭に埋葬され、「宗教、文明、文化の調和を重んじた故ザイド首長に」捧げられた。

<施設>
総工費は約5億4500万ドル(550億円)。

このモスクは、イタリアの大理石だけを用いて建築。高さ107メートルの4つのミナレット(尖塔)と82のドームで構成され、4万人 を収容できる。柱の本数は建物内に96本、建物外に1048本。小高い丘の上に建ち、総面積2万2000平方メートルを誇るため、遠くからでもよく眺めら れる。

建設には数千人の作業員(その多くがアジア人)、モロッコ人の彫刻家らが携わった。装飾用に半貴石も使用されている。

このモスクは、世界第3位の大きさを誇るイスラム建築の傑作で、世界最大のペルシャ絨毯が置かれていることでも有名だ。

最 大の呼び物は、一度に9000人が祈りをささげられる巨大な祈とう室にしつらえられた、世界最大と言われる6000メートル四方の手織りのペルシャ絨毯。 イランの女性1200人以上が2年がかりで織ったもので、重さは45トン、価格は850万ドル(約9億円)以上。

その隣に設けられた2つの祈とう室(1500人収容)は女性専用で、巨大モニターで説教を見ながら祈りをささげることができる。

世界最大のドーム(高さ75メートル、直径32.2メートル)
メインホールの巨大なドイツ製シャンデリア(高さ、直径とも10メートル、重量9トン)も見所。

<見学>
イスラム教徒以外の入場可能。見学時間は金曜を除く午前中9~12時迄。
女性は入口で渡される黒衣「アバヤ」を被る必要がある。

<他国Grand Mosque>
サウジアラビア メッカ(Mecca)にある世界最大のグランド・モスク(Grand Mosque)、
サウジアラビア メディナ(Medina)にある第2位の預言者のモスク(Prophet’s Mosque)

General Holding Corporation

アブダビが目指す製造業育成の為、1971年にアブダビ政府の100%出資で設立。製鉄業や食品など多くの製造業を有している。

輸入関税

アラブ首長国連邦は2008年3月16日、セメント、鉄鋼の輸入関税を撤廃。撤廃した関税は5%前後とみられる。建設資材の価格高騰に関連して起きている様々な事業の遅れを食い止めるのが狙い。同様に工事の遅延が目立つほかのペルシャ湾岸の産油国も追随しそうだ。

湾岸では原油価格の高騰を背景にした建設ブームが起きているが、資材の値上がりが激しく、日本企業関連を含めて事業が軒並み遅れている。これまでUAE、サウジアラビア、カタールなど六産油国でつくる湾岸協力会議(GCC)は対外関税を原則5%にそろえていた。

インフラ整備を軸とする湾岸の建設事業は計2兆4000億ドル規模が進行中かあるいは計画段階とされる。UAEのドバイでは世界で最も高いタワー、大規模な人工島、湾岸初の都市型鉄道など様々な事業が進められている。こうした事業には商社、ゼネコン、電機など多くの日本企業が参加している。資材価格の高騰が収益を圧迫するケースも出ていた。

アルダー・プロパティーズ(ALDAR Properties)

アルダーがMIPIMでアブダビ開発計画を展示 【アブダビ13日PRN=共同JBN】

有名な国際不動産開発会社のアルダー・プロパティーズ(ALDAR Properties PJSC)はフランスのカンヌで開かれた権威あるMIPIM(国際不動産市場)展示会に出展した。アルラハ・ビーチのアルダナ地区とエンターテインメント地区のヤス島の世界クラスの開発をこのイベントで展示し、アブダビ開発への認識を高めアブダビ首長国に対する世界の理解に貢献した。
 マルチメディア・ニュースリリースは以下のサイトを参照。
 http://www.prnewswire.com/mnr/buchanmiddleeast/32359/

 アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビが2007年11月に発表した「2030計画」はアブダビが経験することになる大型開発と拡張のためのインフラ計画のガイドラインを設定した。アルダーは、ビジョンあふれる観光地や開発のすべてをアブダビ首長国全体のビジョンに沿うものにするため、都市計画評議会およびエティハド、TDIC、ADTAなどアブダビの同評議会パートナーと緊密に協力してきた。
 アルダー・プロパティーズのロナルド・S・バロット最高経営責任者(CEO)は「こうした開発が世界に与える衝撃こそ来訪者や企業、住民に提供しなければならないものなのだ。この開発段階では政府と歩調を合わせてインフラや都市計画を慎重に計画し、これまでの周囲の環境を引き立たせる開発をつくり出すことが不可欠である。世界の産業、金融機関を引きつける居住地区、ビジネス地区を提供することがアブダビの次の経済的ブームに向けたわが社の貢献の一部であり、わが社はこの責任を大変重大だと考えている」と語った。

アルラハ・ビーチのアルダナ地区はウォーターフロント開発の商業ハブである。商業的な魅力を通じて世界の企業を引きつけるアルダナをつくり出すことは、世界的プレーヤーとしてのアブダビの成長にとって不可欠なステップである。アブダビ世界貿易センターは3万2000平方メートルのオフィススペースを含み、さまざまな多国籍企業を引き寄せることになる。アブダビは現在、急激な経済成長を続けており、昨年の石油を除くUAEの経済成長率は実質で約10%、名目では20%以上で、6カ国で構成する湾岸協力会議(GCC)で最も急成長の地域となっている。現在および将来のアブダビの商業ハブは世界経済全体に影響を及ぼすこの地域の経済成長のためになるだろう。

 すでにアブダビへの往来は増え始めており、アブダビで開業することの魅力が続いていることは、一部は全体的な都市開発に沿ったインフラ開発へのコミットメントを通じて、世界的プレーヤーをこの市場に引きつけようとするアブダビの努力を証明するものである。空港は2007年12月に合計73万404人の旅客を迎え、前年同月の52万133人より40・4%の増加となった。航空機発着回数はこの期間に19・9%増加し、前年12月の6517回から7811回に増えた。

 アルダーの世界的観光地であるヤス島では、同社に最新技術のテーマパークを設立するという利点がある。この島には世界初のフェラーリのテーマパーク「フェラーリワールド・アブダビ」がつくられる。さらに、ワーナーブラザースのテーマパークや2009年にアブダビ・グランプリが初開催されるワールドクラスの「フォーミュラワン(商標)」レース場といった豪華施設もつくられる。
 バロットCEOは結論として「アブダビは国際的な商業、観光の分野で大量の人がやって来ることに備えている。首都としてのステータス上昇に対応するための準備は開発以上の面に及んでおり、成熟する都市、経済に向けたさまざまな側面のすべてにわたって慎重な計画、戦略、タイムリーな実行が必要になっている」と述べている。

 ▽アルダー・プロパティーズについて アルダー・プロパティーズ(ALDAR Properties PSJC)は一流の不動産開発、管理、投資会社で、本社はUAEのアブダビ。同社は先頭に立ってアブダビの戦略的な土地をアブダビ国内、UAE内の急速な不動産投資の機会にするために設立された。
 アルダーの2004年の新規株式公開(IPO)では15億UAEディルハム(AED)(4億800万ドル)相当の株式がアブダビ株式市場で公募された。このIPOは当時のUAEでは史上最大規模だったが、448倍の購入申し込みがあり、前例のない3730億AED(1020億ドル)の資金が集まった。
 アルダーはアブダビの有力機関、創立株主、個人投資家が所有している。すでに600億ドル以上相当の開発を発表しており、2007年5月末現在の同社の株式時価総額は35億ドル。開発全体の小売り地域は現在約150万平方メートル。
 現在の資産ポートフォリオには中央市場、アルラハ・ビーチ、ココナッツ島、ヌールアルアイン、アルガーム・リゾート、アルマムーラなどアブダビ首長国内の主要な開発、再開発、ムバダラ開発会社、環境庁アブダビ本部ビル、ワーナーブラザース、フェラーリのテーマパークを含むヤス島プロジェクトなどが含まれている。

 同社の初の国際プロジェクトは2007年8月に南ジョホール・インベストメント社との合弁事業を通じて発表されたが、これはマレーシア最大の外国資本による不動産開発である。これに続いて2007年10月にカザフスタンの多目的開発計画が発表された。
(共同通信PRワイヤー)

銃声なき資源確保戦争(コスモ石油、丸紅とアブダビ政府のエネルギー事業契約 署名式)

日本政府は大型石油会社を創設し、党はエネルギー戦略のための集いを主催

昨年12月、日本首相官邸。

民間石油業チェーンのコスモ石油と丸紅商事がアラブ首長国連邦(UAE)に属する首長国のアブダビと締結するエネルギー事業契約の署名式が行われた。民間の仕事といえども資源の獲得に関することなら首相の業務と同じだと考える日本政府の姿勢を象徴する出来事だった。

福田康夫首相は日本を訪問したUAEのムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン皇太子と官邸での首脳会談を開き、同じ場所で契約署名式を行ったのだ。UAEは2006年日本が総原油輸入量の26%(6250万キロリットル)を輸入する重要な国だ。アブダビには日本のコスモ石油の子会社である「アブダビ石油」が1973年から自社開発し、生産している油田もある。日本政府としては2012年に一部の契約が修了する同社の契約更新のためにも資源外交のイベントが必要だった。

福田首相は昨年9月25日、東京永田町の国会議事堂での就任式で「私は資源外交を推進し、政府間の開発援助(ODA)を拡大する」と明らかにした。数多くの懸案の中で資源外交を「最重要課題」として選択したのだ。しかしそれだけにとどまらず、日本の歴代の首相たちは「石油が一滴も沸かない日本の繁栄は、資源外交なくしては不可能だ」と口癖のように強調してきた。首相がこのような陣頭指揮を取り、リーダーシップを発揮すれば実務責任者の閣僚たちはその指示を実現するために駆け回る。資源がある場所であれば時と場所に限らず地球のあちこちを駆けずりまわる。甘利明経済産業省長官は昨年11月15~17日のわずか3日の日程で南アフリカ共和国とボツワナを訪問した。南アフリカは自動車の排ガス浄化触媒などに使われる白金の世界最大生産国だ。何と80%も占める。甘利長官は南アフリカでの共同地質調査を通じて貴重な金属を採掘することに合意した。ボツワナでは日本の最先端の衛星技術を利用し共同で資源探査をすることに合意した。

単純に貴重金属を購入するだけではなく探査と採掘、加工までを務め、資源外交の対象国の経済開発まで支援するという戦略である。首相が道を開き、長官と民間企業が具体的な実務を担当し成果を得るシステム外交だ。日本の経済産業省の幹部らはサウジアラビアなど中東国家とアフリカ国家をくまなく訪問し、新しい対象を探す調査員の役割をしている。

日本はまた海外のエネルギーの確保のために「ジャパンメジャー」(大型石油会社)新設を推進している。米国やヨーロッパの石油メジャーと中国に対抗するためだ。これを通じて単独で開発する海外油田の比率を現在の15%から2030年には40%に増進させる方針だ。与党の自民党は昨年3月「エネルギー戦略合同部会」を創設した。副会長の舛添要一議員は「中国が国家的な次元から全世界でエネルギーを確保しようとしているのに危機感を感じ、この部会を結成することになった」と話した。

ドバイ・メトロ(Dubai Metro)

ドバイ市内の交通渋滞解消の為、導入された都市交通システム。2009年9月運航開始予定。

メトロにはVIPキャビン、婦女子用キャビン、一般キャビンを備え27,000人を輸送。建設予算15.5Bil AED。

施主はドバイ道路運輸局(RTA)。(元々計画段階ではDubai Municipalityだったが、道路運輸局として独立した。)

日本のゆりかもめ同様、無人のシステムが空港と市内を結ぶ。無人運転としては最長の総延長75KM。




<路線>
Red Line(52.1km 地下鉄2009年開通予定)        Rashidiva発、現ドバイ空港経由Jebel Ali間
Green Line(17.6km 14駅、2010年開通予定)        Al Qusais発、現ドバイ空港、Healthcare City経由Jedaff間
Purple Line (49km、建設時期未定)             Al Khail 道路沿い、現ドバイ空港 アル・マクトゥーム国際空港間、予算US $2.73 billion (AED10 billion)
Blue Line (318km)                        Emirates道路沿い、現ドバイ空港 アル・マクトゥーム国際空港

<歴史>
1997 検討開始
2006年 2月 Red Lineを三菱重工コンソーシアムが受注
2006年 8月 Green Lineを三菱重工コンソーシアムがUS$.12bnで受注
2008年12月 Red&Green Line、総数47駅構内の小売・Kiosk業者リース入札を公示
2009年 9月 Red Line開通予定
2010年 3月  Green Line開通予定

<採算>
駅前不動産の分譲で資金回収。それ以外に10駅に対する命名権を入札し1.8Bil AEDを稼ぎ出す見込み。又、2008年12月広告契約を結び、3Bil AEDの広告収入に関してもSMRT Media (星)+Kassab Media+Wellmark Communications 締約締結。

<受注企業一覧>
施主 : ドバイ道路運輸局(Roads & Transport Authority)
初期engineering   Systra
施主側コンサルタント : Parsons
Red&Green線 建設及びメンテナンス3年間
施工者:Dubai Rapid Linkコンソーシアム
三菱重工+三菱商事+大林+鹿島+Yapi Merkesi(Turkey) JV

  • 車両(385台) 近畿車輛 US$456.2m
  • 信号システム Alcatel (現Alcatel-Lucent) 2005
  • Faiveley Transport - 情報表示盤、 空調、 高電圧危機
  • Knorr-Bremse - ブレーキ、空調、 駅舎情報表示画面
  • MEN Mikro Elektronik - コンピュータシステム
  • 380料金ゲート、159台の発券機、151台の発券事務所用 機器、40台の移動発券機が発注されている。標準的な駅には平均2台の発券機、3箇所の発券事務所が設置されている。サブコンのThales(仏)から2008年末に出荷予定。
Red&Green線 O&M Serco(英) 、Becca Wilson $825m (2007/06) 2年契約+3年延長Option

Red&Green線 広告契約 SMRT Media (星)+Kassab Media+Wellmark Communications (2008/12)10年間の独占広告契約を3billion dirham ($817 million)で締結。対象は47駅舎、車内モニター、橋桁、等。コンソーシアムはtop-notch ad technologyを使用し、企画、制作全般を独占する見返りに、収入を分配する。

Jotun 社 送料1.5 milトン Jotashield Tex Ultra塗料をRTAと契約。同塗料はアクリル系でUV抵抗、対塩、腐食保護性を持ち、1.4 mm迄の亀裂を保護する事ができる。

<将来計画>
Purple線 コンサル(計画、設計及び工程管理) Parsons Brinckerhoff 2007年3月発注済。

RTA ドバイ道路運輸局(Road & Transport Authority)

ドバイ道路運輸局(RTA、Road & Transport Authority)は、ドバイの陸上・海上運輸行政 全般を手掛けている。道路建設、バス、タクシー(Dubai Taxi) 、道路有料交通システムSalik、ドバイ・メトロ、各トラム、水上フェリー、水上バス水上タクシー、アブラ(渡し舟)を管轄。

2009年現在のドバイでの公共機関の利用は総輸送人口の6%程度、これを15年間で30%に向上させる事を目的とする。達成の為、RTAは380kmメトロ網、270kmトラム網、450km海上輸送網、3000kmバス輸送網を整備中。

Roads & Transport Authority (RTA) Government Ministry / Public Utility
Address : PO Box 118899, Dubai, United Arab Emirates
Phone: 971 4 2844444
Fax: 971 4 2065555
Email: info@rta.ae
Website: http://www.rta.ae/



 
ドバイ開発計画 概要

ナキール(Nakheel)は開発プランを練り直す度に、将来図を発表している。




















2007年6月段階のもので、300の人工島群から構成されるThe World及びthe Waterfront を発表。ドバイの海岸線が400km増加、面積はManhattan並みと発表している。








最新の2007年12月版では























ドバイ・ワールド(Dubai World)

ドバイ政府が保有する開発公社持株会社。傘下にナキール(Nakheel) などを抱える。

シックス・フラグス・ドバイランド

シックス・フラグス・ドバイランドは、アドベンチャーライドとアトラクションを主体としたテーマパーク。2009完成予定。

ドバイ・ホールティング傘下のタトウィール社(Tatweer)は2008年、米シックス・フラグス(Six Flags Inc)との間でドバイランド(DubaiLand)内に500万平方フィートの敷地に、数百万ディルハムを掛けテーマパーク建設を締結した。

しかし、 シックス・フラッグスは長引く景気後退の影響で経営不振に陥り、2009年6月13日、連邦破産法11条(民事再生法)の適用を申請。負債総額は34億ドル(約3300億円)。ドバイランド側は14日、建設は予定通りと発表するも、シックス・フラグスが今後予定通り参画関しては、言及を避けている。

シックス・フラグスは1961年創立、本社はニューヨーク(NYSE上場:SIX)。米国、メキシコ、カナダに21のテーマパークを持つ世界最大の地域テーマパーク企業。シックス・フラグス社の海外進出は今回初。10~20代に人気。

<アトラクション>
ローラーコースター、
ザ・ジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ
子ども向けミュージカル・グループ「ウィグルズ」
伝説のプロ・スケートボーダー「トニー・ホーク」
トーマス・ザ・タンク・エンジン
「オペレーション・スパイガール」
「サーズデー&サタデーナイト・コンサートシリーズ」

Dubai Investment Capital (DIC)

Dubai International Capital (DIC) はDubai Holding傘下に2004年10月に設立。GCC、インド、中国を含むエマージングマーケットの現地パートナーと組んで、上場前の中小企業 への投資を進める。2008年段階で120億ドルを超える運用資産に迄、成長。ポートフォリオはプライベートエクイティ(未上場株)に70億ドル、上場株 に30億ドル、20億ドルはエマージング・マーケット(新興国市場)。

DICは「UAEを中心とした富裕層らから集めた資金」と「持ち株 会社ドバイ・ホールディングスの資産」を運用。 DICの運用方針がドバイ政府から干渉され ることはなく、独立性も担保されている為、普通の投資ファンドであり政府系ファンド(SWF)ではないと主張(世界的なSWFの存在感の高まりを先進国当 局が警戒し始めた為、想定される)。

主要な目的は private equity asset class,以下の3分野。
* Global Buy-Outs: Focused on secondary LBOs, primarily in Europe, but also in North America and Asia
* MENA Investments: Manages a broad investment program across the Middle East & North Africa region, including LBOs, funds and co-investments, infrastructure, growth and development capital
* Public Equities: Focused on investment in publicly quoted company through its DFSA regulated US$ 2 billion Global Strategic Equities Fund, by acquiring leveraged stakes in mega class companies.




Dubai International Capital plans to increase its assets from today's $7.5bn to $25bn in the next three years, as it diversifies its risk and investments.
September 05 - 2007 at 00:40

The company, part of government-owned Dubai Holding, plans to reach its goal by increasing its investments overseas, particularly in emerging markets. Today, much of its money is tied up in European and US investments, but by the time it hits $25bn, it aims for that to be closer to a 50:50 split, as it invests more money in local markets.

Speaking at the China-Middle East Investment Forum in Dubai, Anand Krishnan, chief operating officer at Dubai International Capital (DIC), said a significant portion of that 'local' split would be in China.

While DIC began life in October 2004 as a Private Equity company that focused largely on mature markets mainly in Europe and the US - because that was where its expertise lay - now it has expanded into public equity and emerging markets as well. 'There's a need to start investing in overseas markets other than western. One that springs to mind is China.'

Increasingly, as markets in Asia and the Middle East look to reduce their dependence on the west - although with the buying spree Dubai is on that seems hard to believe - it will create opportunities in these regions.

Krishnan argued that this creates the need for cross boarder relationships, which will benefit both regions. With its growing middle class and swathe of industrial projects, China has a huge need for oil. In the Middle East, there's a need for China's low-cost of manufacturing and cheap labour.

While delegates at the conference believed it was important to foster close relations between China and the Middle East, still much of the riches generated certainly in the Middle East flows straight to Europe and the US (On the day of the conference Dubai government owned Istithmar said it was considering a bid for two US companies suffering in the sub-prime mortgage crisis).

But some believed the route to market in China was via existing assets. DIC said it is exploring how it can take some of the companies it already owns such as Travelodge into China. Krishnan pointed to its budget UK hotel chain business as a way entering markets such as China via existing companies and looking at what value it can add to a given sector. It also avoids having to build a business from scratch, and means companies can build relationships before plunging into areas such as leveraged buy outs, a sector that is still comparably immature in China.

'China provides us with opportunities to add value to our assets and diversify in future,' said Krishnan.

Other Middle East companies are exploring similar routes to market in China. Felix Herlihy, chief investment officer at investment holding company Istithmar, which recently had its bid to buy luxury clothing chain Barneys New York for $942.3m approved by US anti-trust authorities, pointed to the growing consumerism in China and its new-found hunger for high-end goods.

While the company looks for ways it can differentiate in the region, that also means it uses 'tried and tested banking models' to attract the affluent middle classes.

DICは長期的投資、短期的な投資双方が可能で、独特な立場にある。しかしSWFの長期的な視野に立つ投資を可能とするのは資金がオイルマネーといった余剰資金であり、投資家の存在がない点が大きい。DICがSWFでなく普通の投資ファンドであるならば、この株価が下落局面で、長期的な投資という立場を貫くことができるのだろうか。

DICは上場株については、経営に深く関与するとか、取締役を送り込むことはやっていない。なぜならDICは投資するまでに多くの時間を費やし分析をするので、その必要はないからだ。我々は経営陣と友好的な関係を維持するが、月1回のペースで投資先経営陣と話し合い、意見の一致は見なければ売却するとシンプルな行動原理を貫く為、アクティビスト(短期利益を求めて物言う株主)では無いと主張。


2008年03月 英サッカーのイングランド・プレミアリーグの名門リバプールに資本参加、49%の株式を取得する。DICは当初、リバプールの米国人共同オーナー、ヒックス、ジレット両氏に対し4億ポンド(約828億円)の買収提案を行ったが、ジレット氏が売却に興味を示す一方、ヒックス氏は拒否。交渉の末、ジレット氏が手放す50%の株式の1%分をヒックス氏が買い取り、ヒックス氏の筆頭株主の地位が維持される折衷案で合意に達したという。 リバプールは昨年2月にヒックス氏らに買収されており、1年余りで再び運営体制が変わることになる。

米シティから出資求める接触受けず=ドバイ政府系ファンド[ドバイ 6日 ロイター] 
ドバイ政府系ファンドのドバイ・インターナショナル・キャピタル(DIC)は6日、米金融大手シティグループ(C.N: 株価, 企業情報, レポート)から出資を求めるアプローチは受けていないとする声明を発表した。 DICのサミール・アル・アンサリ最高経営責任者(CEO)は4日、シティの資本状況について「多くの資金が必要」と発言。同行株価は9年ぶり安値水準に下落していた。 DICは声明で「われわれはシティに関する非公開の情報は一切知らないし、シティが出資を求めてDICに接触した事実もない」と表明。また、シティの財務状況や同行への出資の利点について、意見を述べたことはないと付け加えた。

2008年02月 DICは今後3年で日本、中国、インドなどアジア企業に50億ドル(約5400億円)規模で投資する方針を明らかにした。日本の投資先としては「新興国に進出し、大きなシェアを持つ企業」を念頭に置く、という。

DICは昨年11月にソニーの大株主となったことを公表。前ソニー会長の出井伸之氏がDIC諮問委員に就いている。

ヤマハ発動機

ヤマハ発動機は、需要が活性化している中東のドバイ市場向けにした『YAMAHA 35』を開発。「ジャパン インターナショナル ボートショー2008」で発表。

急速に再開発が進むドバイには、世界のセレブが集まってくる富裕層をターゲットに開発したのがYAMAHA 35。「世界最大の350馬力船外機を2基搭載した、スポーツ性とプレミアム性を兼ね備えた新しいボーディングスタイルを提案するモデル」。 価格はまだ未定とだが、「4000万 - 6000万円」との想定。

無印良品

「無印良品」ブランドを展開する良品計画はUAE ドバイでの出店を検討。2008年3月段階ではフランチャイズ方式か、現地法人を設立するかなど、細部は未定。

良品計画は現在、海外15カ国、77店を展開。日本生まれの簡素なデザインを武器に、海外進出を加速している。 2007年11月に米国1号店「MUJI」ソーホー店をニューヨークにオープン。成長市場である中国では商標問題が決着したこともあり、上海に続いて今月7日、北京に出店する。欧州や米国を上回る経済成長を遂げ、中東やロシアなどの富裕層を狙う。

国内市場が縮小する中、良品計画は海外事業を「成長の柱の一つ」に位置付ける。連結ベースでの海外売上高比率を現在の1割程度から2割までに引上げを目標としている。

インド紅茶業者最大手バーグ・バクリー、アラブ首長国連邦へ参入

インド紅茶業界最大手バーグ・バクリーが、アラブ首長国連邦(UAE)の小売市場へ参入する。UAEではドバイを拠点とし、他のアラブ諸国やアフリカ諸国の市場も開拓していく計画だ。
バーグ・バクリーは、世界各国で年間2000万キロの紅茶を販売し、6500万ドル(約67億円)の売上高を計上している。インド国内に30万店の取扱店を持ち、アメリカやカナダ、オーストラリア、シンガポール、そして日本でも販売を行っている。
同社は先日、 1分間に250のティーバッグが製造できる機械をイタリアから購入している。

タクシー(Dubai Taxi社)

ドバイのタクシーはRoad Transport Authority(ドバイ陸運局 RTA)傘下の公社、ドバイ最大手のタクシー会社 Dubai Taxi 社 が運営。他の首長国のタクシーもドバイ市内は乗り入れているが、乗車はできないのみ。

タクシー車両は、2005年頃トヨタ製カムリが一斉導入され清潔で快適な車両が大半。他にワゴン、バン、女性用に女性ドライバー車、障害者用車も備えている。 2007年6月段階で通常稼動車は2115台。グループ会社を含めた車両総数は6741 台。 2007年の541台を2007年9月迄には1082台に増加予定。2009年には10,000台に達した。

2008年9月RTAはGeneral Motorsと共同でChevrolet Tahoe & MalibuのHybrid車10台を実験的に導入する事を決定。又、同時にAl-Futtaim Motors社より、Hybrid型Toyota Camry を10台導入。これらは別途Honda やFordの車両も交えて、1年間の比較試験の後、次世代導入のタクシー車両を選定する。

<沿革>
1995/05/21 81台の車両でDubai Taxi社発足
1996      運転手Training center設立
1998      車両総数が2,700台に達した為、 自社メンテナンス工場を開設。

料金(Taxi Tariff)
予約電話番号 (+971 4) 2080808。
Starting Meter Charge - 平日- 6:00am to 10:00pm
Hired on Road / Street Pickup Dh. 3.00
Booking through Dispatch Center Dh. 6.00
Night Time - 10:00pm to 6:00am

Hired on Road / Street Pickup Dh. 3.50
Booking through Dispatch Center Dh. 7.00
Dubai International Airport Area Dh. 20.00

Running Meter Charges
Every 625 Meters Dh. 1.00
Per Kilometer Dh. 1.60

Waiting Charges
Start of Waiting Charges After 10 Minutes of Waiting
Rate of Waiting Charges Dh. 30.00
Per Hour Rate of Increment Dh. 0.50 Per Minute

Daily Rates - Within Dubai 6 Hours of Taxi Service Dh. 300.00
12 Hours of Taxi Service Dh. 500.00


最新の料金表はこちら

忘れ物の問合せ先はこちら



 
アクアティカ (動物テーマパーク) 2012年完了

米シーワールド、2012年にUAEで動物テーマパーク開設を発表

[オーランド(米フロリダ州) 2日 ロイター] テーマパークが集中する米フロリダ州で1日、シーワールド・オーランドが新たなテーマパーク「アクアティカ」をオープンした。当地での大型パークの開園は、2000年のシーワールド「ディスカバリー・コーブ」以来8年ぶり。

「アクアティカ」は36種のウォーター・スライド、6つの川・ラグーン、8万平方フィートのビーチを備える。イルカのいる池を透明チューブで滑り抜ける「ドルフィン・プランジ」など、スリルを味わえる乗り物に乗りながら動物のそばに行けるのが売り。

シーワールドの親会社で米醸造大手アンハイザー・ブッシュ(BUD.N: 株価, 企業情報, レポート)傘下のブッシュ・エンターテインメントは開園に合わせ、アラブ首長国連邦に動物を売りにしたテーマパークを開設する計画も発表した。建設の第1フェーズは2012年完了予定。

巨大リゾート人工島「ザ・パーム」や「ザ・ワールド」をデザインしたデザイン会社のCreative Kingdom Inc.(以下CKI)

タイ政府、米デザイン会社と共同で「サーバーシティ」を構築 タイ政府が、アメリカ・ロサンジェルスに拠点を置くデザイン会社のCreative Kingdom Inc.(以下CKI)と共同で、リアルとバーチャル双方で「サーバーシティ」を構築する。

CKIはタイのチェンマイをはじめ北京やマニラ、アラブ首長国連邦のドバイなどアジア各地に事務所を持つデザイン会社で、ドバイの海岸に建設された巨大リゾート人工島「ザ・パーム」や「ザ・ワールド」をデザインしたことで世界的に有名。
http://realestate.theemiratesnetwork.com/developments/dubai/palm_islands.php
ザ・パームhttp://realestate.theemiratesnetwork.com/developments/dubai/palm_islands.php
ザ・ワールドhttp://www.theworld.ae/
ザ・ワールドザ・ワールド
この「サイバーシティ」計画に際し、CKIはMMO的仮想世界「エントロピア・ユニバース」内でも同様にサイバーシティ構築に着手。既に”惑星”も所有しており、この惑星を舞台にCKA Starlight Studios BeijingとDabok Entertainment Co., Ltd. Koreaとの共同で映画を製作するプロジェクトも予定されている。
エントロピア・ユニバース(Entropia Universe)はスウェーデンのMindark社が2003年1月より提供している「新たな惑星を開拓する」という世界観の仮想世界とMMOの中間のようなサービス。専用のクレジットカードを発行しリアルマネートレードを公認しているのが特徴で、企業が専用の惑星を持つことも可能。尚、Mindark社は中国虚擬経済園区(Cyber Recreation Development Corp)と提携し、今年中には中国版をリリースする計画を既に明らかにしている。
Creative Kingdom Inc.http://www.creativekingdom.com/
Entropia Universehttp://www.entropiauniverse.com/

ADK - アラビアン・ガルフ・エージェンシー

アサツーディ・ケイ(ADK)は中東で広告事業を本格展開する。このほどアラブ首長国連邦(UAE)のドバイに駐在員事務所を開設したほか、現地広告会社と資本提携交渉に入った。ドバイには日系企業の進出が相次いでいる。現地企業との提携をテコに中東各国で日系企業の広告需要を掘り起こす。
 ドバイの広告会社、アラビアン・ガルフ・エージェンシー(AGA)と資本提携交渉に入った。AGAが近く設立する持ち株会社に数%出資する方向で最終調整している。出資額は20万ドル程度になるもよう。ADKはすでにAGAと現地の広告媒体の確保や広告制作などで業務提携している。出資でさらに関係を緊密にする。

Template Design: © 2007 Envy Inc.