ドバイ スポーツシティー (Dubai Sport City)

ドバイ・スポーツシティー(http://www.dubaisportscity.ae/)はサッカー、クリケット、ホッケー、ゴルフ等 多種多様な競技用アリーナを備えた世界最大規模のスポーツ施設と住宅の複合都市。ドバイランド(DubaiLand)内にタトウィール(Tatweer)が建設中、2008年より順次完成予定。

<スポーツ施設>

Ernie Els初設計のゴルフコース「The Dunes」が設営。 2008 年1月 設計のクラブハウス「The Els Club」がオープン。(但し、2009年5月現在も仮設の様なクラブハウス、周辺の住宅が完成して居らずと、風情が無い。)

英国サッカークラブManchester United サッカー学校
Manchester United Soccer Schools (MUSS) は2006年にAl Wasl Sports Club内で活動を開始。SportCityへの移設前から、生徒を集め、プロ選手の訪問等を含めて支援していた。

クリケット関連としては、専用スタジアムに加え、国際クリケット評議会(ICC)の新本部、ICCグローバルクリケットアカデミーが含まれている。DSCは複数のクリケット国際試合の開催候補地に上がっている。2009年5月6日、開所しPakistan-Australia戦が行われた。

David Lloydテニスアカデミー

Butch Harmon ゴルフ学校。

3,000平方m体育館とオリンピックプール

<スタジアム>
25,000席 ドバイ・クリケット・スタジアム (Dubai Cricket Stadium)(2009年1月完成、4月22日営業開始)総工費AED 350 mil
5,000席 ホッケー専用スタジアム(2008年央完成予定)
60,000席 屋外スタジアム ― 2009年12月 完成予定
サッカー(FIFA基準)、ラグビー、アメフト、陸上競技用
10,000席 多目的屋内アリーナ ― 2009年 4月 完成予定
アイスホッケー、野球、テニス、バレーに加えコンサート等も開催可能


住居Victory Heightsの中央










<契約>
クリケット場
Main Contractor : Alpine + Belgardi JV (Gregori International for Field Construction)
Temporary power and cooling : Rental Solutions & Services LLC (RSS)
AED 350 million

スタジアム
11 April 2007 - スタジアムの建設契約発表
60,000席 多目的屋外スタジアム ― 2009年12月 完成予定
10,000席 多目的屋内スタジアム ― 2009年 4月 完成予定
デザイン : gmp (実績 Berlin Olympic Stadium、Frankfurt Commerz Bank Stadium)
設計施工 : Arabtec-Max Bögl joint venture (契約金額 830 million Dirham)
(Max Bögl 実績は独FrankfurtとCologneサッカー場、2006 FIFA World Cup会場となったMunich arena)

アトランティス(Atlantis The Palm)

アトランティス・ザ・パーム(ATLANTIS The Palm)は、パーム・ジュメイラ人工島に外周の突端部分に、2008年9月24日オープンした大型リゾート・ホテル。カリブ海のバハマにある人気リゾート『アトランティス・パラダイス・アイランド』が初めて海外進出したもの。敷地内にはホテル、水族館 「ロストチェンバー」、ウォータースライダー「アクアベンチャー」等が併設されている。

ATLANTIS The Palm
Tel : 971-426-0000
Fax : 971-426-2001
Location : The Crescent, The Palm Jumeirah, Dubai, UAE
Postal Address : P.O.Box 500571, Dubai, UAE

http://www.atlantisthepalm.com/




<デベロッパー>
南アフリカのホテル王、ソル・ケルツナー(Sol Kerzner)が会長を務めるケルツナー・インターナショナル(Kerzner International)と、ドバイの政府系デベロッパー大手 ナキール (Nakheel) がとの合弁事業で、総工費は15億ドル(約1440億円)。

<主要設備>
「アクアベンチャー」(AQUAVENTURE)
売り物はウォータースライダー。 27.5メートルのジッグラト(ピラミッド型寺院)から滑り降り、サメの泳ぐラグーンの中をトンネルで抜けていくというスリリングな施設。他にも全長2キロの流れるプールや、波の有るプールがある。







「ロストチェンバー(THE LOST CHAMBERS)
ホテルB1階にある大陸アトランティスの迷宮を模した中規模水族館。 エイリアン宇宙船内を再現した館内には、18の水槽があり、それぞれに大陸アトランティスを模した建造物が沈められている。その間をサメやマンタをはじめとする250種65,000匹以上の海洋生物が泳ぐ。


65,000匹以上の海洋生物が泳ぐ「アンバサダーラグーン(The Ambassador Lagoon)、10名限定、海洋哺乳類に関して学び、イルカと触れあう90分プログラム「ドルフィンベイ(Dolphin Bay)、ダンス、映画、最新のゲーム類を備え、ティーンエージャー専用(大人同行不可)の「クラブ ラッシュ(CLUB RUSH)、海洋生物の世話をする3~12歳用「キッズクラブ(KIDS CLUB)、他に2つのプール、プライベートビーチ、ランニングコース、テニスコート(4面)などを併設。

<レストラン
ノブ - 世界的にも有名な「ノブ・マツヒサ」が、和のテイストや素材を取り入れたフュージョン料理
スペインのトップシェフのサンティ・サンタマリアが監修したシーフード
マイケル・ロスタンのドバイ初となるフレンチレストラン、
オープングリルのステーキハウス
凝った内装の伝統的なアラビア料理を提供
中央に大きなオーブンを配したファッショナブルなイタリアン

ホテル客室
「ロイヤルタワーズ」は全1539室を擁し、ペルシャ湾や「パーム・ジュメイラ」の眺 望を堪能できる。宿泊費用は1室1泊2900AED(約8万4000円)から。3ベッドルームの最高級「ブリッジ・スイート」では1泊9万2000 AED(約270万円)となっている。 15階に専用のラウンジがあり、専用チェックインと無料朝食(コンチネンタルブレックファースト)やスナックやカクテル(夕方)などのサービスを提供。

デラックスルーム(Deluxe room)=484室、1~5階
アトランティスルーム(Atlantis room(45㎡)=744室、6~22階
インペリアルクラブルーム(Imperial Club room(47㎡)=145室、イーストタワーの12~15階
インペリアルクラブスイート(Imperial Club Suite)=22室
エクゼクティブスィート(Executive Suite)=38室、(101㎡)
テラススイート(Terrace Suite)=68室、(94㎡)
リーガルスィート(Regal Suite)=31室、(164㎡)

ポセイドンスィート(Poseidon Suite、バトラーサービス付き))=1室、(165㎡)
ネプチューンスィート(Neptune Suite、バトラーサービス付き))=1室、(165㎡)
下の階のベッドルームとバスルームの天井の窓からは、アンバサダーラグーンの65,000匹に及ぶ海洋生物が眺められる造りになってい る。また24時間体制のプライベートバトラーが、最上級のサービスを提供。

プレジデンシャルスィート(Presidential Suite)=2室、(220㎡)
ロイヤルスィート(Royal Suite)=2室、(429㎡)
ブリッジスィート(Bridge Suite)=1室、(924㎡)

アトランティスは2008年9月24日営業開始。2008年11月20日 に数百億ドルを投じてオープニング式典を開催。米TV人気司会者オプラ・ウィンフ リー、俳優のロバート・デ・ニーロやデンゼル・ワシントン、元NBAのスター選手マイケル・ジョーダン、世界中から2000人を超えるセレブを招待した。費用は計2000万ドル(約19億円)。カイリー・ミ ノーグのライブや北京五輪を盛り上げた「ファイアーワークス・バイ・グルッチ」により、同北京五輪開会式の7倍の花火ショーなどが催された。

ダイナミックタワー (Dynamic Tower Dubai )

ダイナミックタワー・ドバイ(Dynamic Tower Dubai)は、すべての階が回転し、建物全体のフォルムが変形する80階建高層ビル。当初の発表ではJumeirah地区内に建設と報道されたが、2009年1月の記者会見でも未だ建設場所の正式発表は行われていない。

建設開始 : 2009年8月予定
完成予定 : 2010年10月(総工期22ヵ月)
総高 : 420m、
総敷地面積 : 14,6000 m2
事業主: Dynamic Architecture Group
http://www.dynamicarchitecture.net/home.html)
総事業費 : 7億ドル(約750億円)

  1階~20階:オフィスビル
 21階~35階:六つ星ホテル
 36階~70階:最高級マンション
 71階~80階:ヴィラ

マンションとヴィラの1戸当たり専有面積は124~1200m2で、販売価格は370万~3600万ドル(約4億~40億円)。

2005年にイタリア人建築家 デビッド・フィッシャー博士がコンセプトを発表、全階が動く(Dynamic=動的)ダイナミックタワーと命名。2008年6月24日に、ニューヨークのプラザホテルで「ダイナミックタワー・ドバイ」建設を発表。

設計、建設、工事 : Rotating Tower Technology International Ltd (英国、特許保有親会社)
理事: G.H.Lally及び Sheikh Mejren bin Mohammed bin Sultan
ドバイ資産管理 : Rotating Tower Dubai Development Limited
資材供給 : Rotating Tower Industries Italy Srl

建物の中央に不動の円柱状のコア部分があり、階段、エレベーターが内包される、その周囲にオフィス、ホテル、マンション等居住用のスペースが回転部分として取り付けられる。

この居住用スペースは、各階ごとに独立して、円柱状コアの周囲を回転する。回転のタイミング、周期は居住者の好みに合わせて任意に設定されるので、ビルの形がアドランダムに絶えず変化し、都度、形の違ったビルを見る事に成る。

Template Design: © 2007 Envy Inc.