レストレス プラネット (Restless Planet)

恐竜科学テーマパーク「Restless Planet」は、ドバイランド地区のCity of Arabia内に建設中のレジャー施設。 映画ジュラシック・パークをモチーフにしており、総予算US$300 milを掛けて再現された三畳紀及びジュラ紀の中で、身長13mを超える原寸大のロボット恐竜が、観客を追いかけ、威嚇する。「Restless Planet」にはアトラクションは陸上に留まらず、海中をも含む。2010年に開設予定。

http://www.dubairestlessplanet.com/


総数40種、109体のロボット制御される恐竜が日本のアニマトリクス第一人者 Kokoro Dreamsにより製作された。

地球博物館やプラネタリウムも併設予定。

恐竜時代の詳細はNatural History Museum in Londonとの提携に拠り、展示物の詳細迄確認済み。映画“Jurassic Park”の科学コンサルタントを手がけたDr. Jack Hornerも監修。


Restless Planetの外観は雲の様な形状の約75m高のドーム状 。入口はMall of Arabiaの2Fとガラス廊下で結ばれている。

Ilyas and Mustafa Galadariグループが、
総予算Dh1.1 bilの恐竜テーマパークは。最初の恐竜は2006年9月現地に到着。














<契約企業>
* NATURAL HISTORY MUSEUM, LONDON
www.nhm.ac.uk

* KOKORO COMPANY LTD(日本のアニマトリクス第一人者 )
www.kokoro-dreams.co.jp

* JACK ROUSE ASSOCIATES
www.jackrouse.com

* YVES PEPIN

* ECA2
www.eca2.com / www.publicis.fr

* MACK RIDES
www.mack-rides.com

* SUPER SEVENTY-EIGHT
www.super78.com

* WILD BRAIN
www.wildbrain.com

* YESSIAN
www.yessian.com

* BLUR STUDIO
www.blur.com

* IMPOSSIBLE PICTURES
www.impossiblepictures.co.uk

*rh architects

スターゲート(Stargate)

Zabeel Park内に建設されたファミリー向け遊園地。総面積24155m2の敷地内に惑星の形をした5つのパビリオンを建設、それぞれがアトラクション施設と成っている。http://www.stargatedubai.com/

Dubai Municipalityが保有、ドバイ開発業者Osus社が建設運転30年後引渡 (BOT)契約を交わし、2005年10月に開発着手。220milAED ($60 mil)を掛けて開発され、2009年3月に開園した。

<パビリオン>
3D theatre
a snow dome
a rock-wall for climbing
high-speed go-karting track
family rollercoaster 'spinning earth'
high-tech mazes ”Bermuda Triangle
multi-cuisine food court.



宇宙船Stargate号の乗組員Ajeeb と Ghareebがマスコットと成っている。
4~14歳向けの子供及びその家族を対象とし。

<沿革>
2004年10月 計画発表段階では、のDubai MunicipalityとInternational Projects Development Company (IPDC) の共同開発。IPDCが30年BOT。
2005年の2006年12月完成予定。
2006年6月Better Homes社を選定。敷地内の50軒の不動産を有し、その販売。
2007年3月、Osus社はスイスWestech社をLeisure services providerに選定。乗り物、遊具を含む園内の全遊具を調達する。

2007年10月 Ekahau社にWi-Fiベースの位置情報システムを発注。Ekahau Positioning Engine 4.0 (EPE) とCisco wireless Wi-Fi network を組合せ。来客時チケットとして配布されるEkahau T301Aタグが位置情報管理にも使用され、迷子の子供の位置を瞬時に把握できる。
EkahauシステムはWireless Vision社が、Cisco networkはEmirates Computers導入する。

2008年9月 英Jasper Corporate Finance Ltd (Jasper) Osus社より委託されたDhs200Milの融資契約を発表。
2009年2月、GREAT PROPERTIES社が園内商業スペースの年間リース契約を営業開始。

<開発企業>
Osus社はTanmiyat, Al Oula Real Estate Development、Al Hindi Group、等有数のドバイ企業が保有する。

<資金調達>
Osus社のfinancial adviserとしてJasper社はQatar National Bank (QNB)とHSBC Amanah (HSBC)をarrangerとして、QNBとHSBCはそれぞれ50%分をShari'ah準拠のDhs100m ($27.5m) 融資。

アルグレアグループ

双日は2009年5月14日、アラブ首長国連邦(UAE)で行っていた砂漠環境の試験栽培で、独自技術による高糖度で品質の高いトマトの栽培に成功したと発表した。同国で実用化に向けた取り組みを本格的に開始。早ければ9、10月に生産事業化する考え。

同社と、UAEの有力財閥アルグレアグループ、早稲田大学が出資するバイオベンチャーのメビオール(本社:神奈川県平塚市)の共同試験栽培。メビオールが開発した植物栽培システムで、今年1月から取り組んでいた。

この栽培システムは、土を使わず、水の使用を極力抑えるのが特徴。植物と養液の間に、保水力のあるゲルからなるフィルムを敷設。フィルムは養液から水と養分だけを吸収し、植物はフィルム上の小さな穴に無数の毛根を発生させて直接水と養分を吸収する。通常の栽培に比べ、最低限の水で済むという。

また、植物は最低限の水と養分しか与えられず、枯渇状態となることから、糖分・アミノ酸などを大量に作り出し、高糖度で品質の高いものに成長する。試験栽培では480平方メートルの実験設備で、800株に8万個の高糖度トマトができたという。

今後、富裕層や高級ホテル、レストランなどをターゲットに需要を開拓し、同社とアルグレアグループの生産事業へ移行を進める。他の農作物の栽培も検討し、将来は中東の他国やアフリカ地域での事業展開も目指す。

JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイ

パークタワーはドバイの中心地であるビジネスベイ地区に隣接するシェイクザイードロード沿いにエミレーツ・グループが建設中。1614室を有するツインタワーのホテル・アパートメントとなる。第1棟(807室)は2011年、第2棟は2013年開業予定。

検討開始時の名称は「パークタワー」。2009年5月、エミレーツ・グループはマリオット・インターナショナルと契約し、このホテルの運営委託予定。 ホテルは現在建設中だが、今後両社は開業に向けて、デザインの決定段階から協力して取り組む。

ワイン・スピリッツ専門店 ル・クロ

エミレーツ航空グループの子会社、マリタイム・アンド・マーカンタイル・インターナショナルは2009年4月、ドバイ国際空港 ターミナル3内に、世界中の高級ワインとスピリッツを豊富に揃えた専門店「ル・クロ」2店舗を開店した。

2店舗での取扱銘柄は400以上。 ボルドー産クリュ・クラッセ、ペトリュス、シュヴァル・ブランなどの貴重なビンテージワインや、40年もののグレンフィディック、ダルモア、ブルイックラディのシングルモルトウィスキー等。ワインは全て産地直送、産地保証付き、温度調節が行き届いた環境で厳重に保管されている。

Template Design: © 2007 Envy Inc.